Chefとは?

Chef


このサービスはシェフのD2Cです

高級レストランや高級鮨店のケータリングサービスや料理人の派遣サービスとは一線を画す、個をエンパワーメントしコストという名の贅肉を削ぎ落としたシンプルでシャープなサービスです

高級レストランにおける利益率は10%ほどだと言われます

売上100%に対してかかるコストをざっくりと計算すると食材費30%、
人件費30%、その他雑費/一般管理費で30%程度だと言われます

300円のものを1000円
3000円のものを10000円

付加価値をつけてそうやって販売をして10 %の利益を得るのが飲食店です
かなり厳しい商売であることがお分かりいただけると思います

そんなレストランにおいて利益率をあげようと思ったら食材コストを下げるか人件費を下げるか(客数や席数が決まっている以上は)もしくは売価自体をあげてコストの割合を下げるかしかありません

長時間労働を強いて人件費を下げる、食材原価率を15%に落として利益を増やす

これらは健全ではありません

レストランは人のビジネスです
人を裏切る行為は、長く続くはずがありません

そんな中、withコロナの時代が到来しました

飲食業界、航空業界、イベント業界と多くの産業が苦戦を強いられています

お金の流れが止まり人の動きが止まる不景気と違い、人の動きが止まりお金の動きが止まった今回の新型コロナウィルスによる経済への悪影響は、長期化の様相です

人の動きが止まったのは、人々の心の中に恐怖や配慮や遠慮が侵食しているからに他なりません
心が平穏を取り戻すまでは人々の動きが戻ることはないでしょう

そう、お金の流れも

土地が王様でした
これは戦国時代から、いやきっともっと大昔から変わらない事実です

土地の上に町ができて城が立ち
その中で人々が動き経済が回る

土地を買い、店を建てる
テナントに入る
ホテルに入る

土地の上のレストランという箱の中で人が回って経済活動が動いていました

人の動きが止まるとしたら
王様であった土地の上に立つレストランの価値は下がっていきます

動けない、人と会えない状況において
利益率10%を残して多くのコストを割いていたはずの箱、つまり雰囲気を演出する全ての内装、インテリア、装飾品、音楽や照明、カトラリーやテーブルクロスに至るまで

そこを維持するための人件費も含めて

土地の上のレストランの価値そのものが下がっていきます

しかし
ぼくはそこに働くプロフェッショナルたちの価値が下がるとは思っていません
彼らには技術が、知識が、経験があります

その無形資産こそがぼくが注目した飲食業界生き残りのための命綱です

個の時代とは、優秀な人材が会社や業界の壁さえも乗り越えて活躍する時代

飲食業界にとっての優秀な人材というのは技術や知識だけではなく、多くの経験を積み、想像力をもってお客様の心を掴むことができる人

お客様は美味しい食を求めています
非日常を感じたいと、ドラマを感じたいと願っています

毎日ではないかもしれないけれど日常に少しの彩りを欲しています

それが自分の人生を
人との心のつながりを照らしてくれるものであると
今まで当たり前に過ごしていたレストランの時間の中で体験して、心に残っているからです

箱の上を構成する要素、つまりそのコストを全て取り払い

シェフ→お客様

というD2Cを実現することによってユーザーの負担コストは極限まで下がります
そして反比例してプロフェッショナルたちの稼ぎは上がります

技術に価値を、経験に対価を

ケータリングサービスやシェフ派遣と違うのはそれだけではありません

ケータリングサービスであればレストランからの派遣となるのでレストランの料理を提供するというのが当たり前です
その店を代表してご自宅に行っているのであるから、その店の料理を再現することがあかれらシェフの仕事となります

Chef はシェフ個人にスポットを当てているのでお客様と話し合いの上で、お客様の望むもの(それが蟹クリームコロッケやカルボナーラ、生姜焼きかもしれませんが)を話し合った食材原価の中で技術を駆使して提供します

このサービスはケータリングサービスではないのでシェフはユーザーの望む美味い料理を作り置いて帰ります
サービス(給仕)はありません
(もちろんテーブルまで運んでセッティングはします)

あくまでシェフの技術をお届けするものなので、料理の値段(最初の話に戻ると3000円のものを10000円で売るみたいな)ではなくて材料費という考え方です

ユーザー様にご負担いただくコストは

シェフ技術料 + 食材原価 +交通費

のみとなります
サイトに記載してあるのはこのシェフ自身にお支払いする技術料と地域ごとの交通費

食材原価は先程お話しした通り、シェフと事前に話し合って予算を決めていただき当日精算となります(精算方法もシェフと話し合って現金、振込など決めてください)

これが「Chef」というサービスがシェフD2Cたる所以です

このサービスによって箱の上で踊ることができなくなった演者たち
技術を持つ俳優たちが活躍の場を移し、思う存分に演じきることができるようになると信じております

飲食業界にとって、技術あるプロフェッショナルにとって、

そしてなによりもコロナ禍、素敵な家時間を過ごしたいユーザー、ちょっとお休みしたい奥様方、プロの料理を間近で見たいお子様方にとって

多くの笑顔を生み出すサービスになることを信じております

ぜひ一度、このChefをご利用してみてください

では!!

※料理のフルサービスなどは行いません
※お皿はご自宅のものを、料理をお作りしお運びし、キッチン周りを後片付けした時点でシェフは退室いたします
※大人数の場合やBBQなど特別なオファー、お祝い事などはご予約後に直接シェフとご相談ください(料金含めて)